徹底比較してみました!脱毛ラボV vs 銀座カラー

サービスをカットしすぎている脱毛ラボ

脱毛ラボの経費削減サロンには、まいりました(笑)。

フロアや施術ルームが狭いのはいいとして、メイクルームがないのには驚きました!

わたしの施術には、顔が含まれていなかったので大丈夫でしたが、顔の施術を受けるときは、メイクを落とさなくてはなりません。

 

施術が終わったら、次のお客さんがすぐに施術ルームやってくるので、待合いスペースでメイク直しをするしかありません。

ここも人で埋まっていたら、トイレですることになりますが、1人しか使えないスペースなので、ほかの人が来たらどこに行けばいいのやら・・・(汗)。

施術ルームがカーテンで仕切られているだけで、狭かった銀座カラーですが、こちらにはちゃんとメイクルームがありましたよ!

 

メイクルームがないことより不便に感じたのは、脱毛ラボには、ネットで施術の予約やキャンセルをするシステムがないことです。

銀座カラーには、もちろんありますよ。

da53

電話でしかキャンセル、予約の取り直しができないと、忙しいと営業時間内に連絡できないことだってありますし、ほかの人がキャンセルして施術日時が空いても、すぐに埋まっちゃって、脱毛のスケジュールが狂ってしまう可能性があります。

この点は改善してほしいところですが、軽費削減を第一にしている脱毛サロンには、期待できないかな・・・。

 

コスパはかなり見劣る銀座カラー

銀座カラーも最近になって、脱毛ラボのように全身脱毛コースの月額払いを開始しましたが、料金の支払い方法やサービス内容は、かなり異なっています。

脱毛ラボの月額払いコースの場合は、毎月10,778円を支払って、脱毛効果が感じられた時点でいつでも施術をストップできます。

これに対して銀座カラーの場合は、最初に6~12回、もしくは無制限コースに申し込んで、毎月8,700円(全身VIPコース)を支払ってゆく、というシステムになっています。

 

銀座カラーの場合だと、回数を消化してもムダ毛が残っているとか、逆に、回数を残した状態でツルスベ肌になっちゃうことが考えられます。

そうなると、追加料金が必要になったり、ムダなお金が発生したり・・・。

脱毛ラボの月額払い制のように、施術のたびに料金を支払ってゆくシステムだったら、回数を気にすることなく、安心してツルスベ肌が目指せます。

 

それに、銀座カラーは施術部位が22か所ですが、脱毛ラボは38か所もあって、ほほや鼻下、あご周りといった顔脱毛までできちゃうんです!

ちなみに銀座カラーで顔脱毛する場合は、毎月2,100円の追加料金が発生します。

 

脱毛サロン選びで重要視するポイントは、人それぞれだと思いますけど、コスパの高さは見逃せませんよね?

だからわたしは、居心地やサービスが多少悪くても、脱毛ラボをおススメしています(笑)。

 

施術の技術に違いは?

銀座カラーは、脱毛マシンの光をムダ毛に当ててダメージを発生させる、IPL脱毛方式になっています。

IPL脱毛は、脱毛ラボで採用されているS.S.C脱毛より効果が高い分、痛みが強いと言われていますが、個人的には両方とも痛みを感じるというほどの刺激ではなかったですよ。

ただし、皮膚の薄い部分は、ちょっとだけ痛かったですけど・・・。

 

脱毛ラボの技術でスゴイと思ったのは、オリジナルのジェルにかなりの脱毛効果があって、ほかのサロンのように2~3カ月に1度という周期ではなく、1カ月おきに施術が受けられるということです。

これだったら、かなりハイペースで脱毛ができちゃいますし、お肌に優しいマシンでもあるので、肌トラブルの心配も少なくて済みます。

 

銀座カラーで受けた保湿「美肌潤美」は、お肌が即効でプルプルになって気持ちよかったですけど、月に1回しか受けない施術ですし、家に帰ってからしっかりアフターケアすれば、お肌の健康はキープできます。

施術スタッフの技術は同じぐらいのレベルだと思いましたが、トータルで考えると、このポイントも脱毛ラボのほうが上だと思います。