VIO脱毛のメリットとデメリット

最近の脱毛サロンのキャンペーンで気が付くのは、ワキの脱毛に加えてVラインの脱毛がメニューに入っていることです。

女子だったら誰でも、水着や下着からはみ出てしまうムダ毛、気になりますよね? っていうか、恥ずかしいですよね!!

今回はVラインに加えて、I、Oライン脱毛のメリットとデメリットについてお話しますね。

まずは、「VIOって、そもそも何?」ということから説明します。

 

VIO脱毛って何?

「V」については知っている方が多いと思いますが、これはビキニラインのことで、比較的自己処理しやすい部位ですね。

でも、カミソリなどを使うことでお肌が黒ずむことがありますし、肌荒れなんかも起こしやすいです。

 

「I」はVラインから肛門まで性器周りの部分、「O」は肛門周りの部分のことをいいます。

この3つの部位を合わせて「VIO」、サロンによっては「ハイジニーナ」とよんでいます。

 

ちなみに、ハイジニーナ脱毛というのは、外国のセレブが「ツルツル」の状態にすることから生まれた言葉なんですが、日本ではVIOと同じ意味で使われています。

VIO脱毛、特に、Vラインの脱毛はワキの次に人気なんですが、その理由は、ほかの部位の脱毛よりメリットが多いことなんです!

 

衛生面でのメリットが大きい!

Vのムダ毛処理はなんとかなりますが、IとOはちょっとハードルが高いですよね(笑)?

鏡を使ったりしてやるとか・・・、まさか人に頼んだりするワケにはいきませんし・・・(苦笑)。

 

でも、この部分のムダ毛が多かったら、付き合っている彼氏にどう思われるか、ものすごい気になっちゃいますよね。

あと、IやOといった部分は、トイレに行った時に排泄物がムダ毛に付着しやすいですから、下着に汚れが染み付く、なんてこともあります。

 

生理の時も同じですね~。

IやOの脱毛をすれば、こんなお悩みとはオサラバです!

 

Vはムダ毛を全部なくすこともできますし、お好みの形に残すことも可能です。

これに合わせて、IとOのムダ毛をキレイにすれば、大胆な水着や下着が身に着けられるし、においの原因にもなるムレも解消されたりしますから、VIO脱毛のメリットは、かなり多いと言えますね!

 

事前に知っておけば施術も安心!

いいことづくめに見えるVIO脱毛ですが、デメリットがゼロというワケではありません。

この部分の皮膚は触ると分かると思うのですが、とても薄いんです。

 

ですから、施術のときは痛みを感じる方が多いようです。

痛みに強いわたしですら、ちょっと声をあげてしまいましたから(笑)。

 

また、Vのムダ毛は毛が太くて色が濃いので、脱毛マシンの光が強く反応し、こちらも痛みが増えます。

でも、施術を重ねるうちに痛みになれてきますし、ちゃんとしたサロンやクリニックでしたら、痛みを抑えるためのクーリングなどをしっかりやってくれますから、大丈夫です!

クリニックの脱毛でしたら、麻酔を使ってくれますので、さらに安心です。

 

もうひとつ、「恥ずかしい」というのも、みんなが抱える不安のようです。

いくら同性同士とはいっても、デリケートゾーンを見られるのは恥ずかしいと思うのは当然ですね。

この点も、最初のうちは気になるかもしれませんけど、スタッフさんが気をそらすような会話をしたり、自分のVIO脱毛体験を話したりしているうちに、だんだん慣れてくる方がほとんどです。

 

わたしの体験上、VIO脱毛をスタートして一番大変だったのは、施術を受けた後はムダ毛処理が1週間ぐらいできなくなるので、チクチクする期間が長かったことですね~。

脱毛マシンの光をあてた後ですから、お肌に刺激を与えることはできず、カミソリで伸びてきたムダ毛を剃ることはできません。

その状態で下着を身に着けるのですから、こちらは慣れるまでに時間がかかりました(笑)。

 

サロンの脱毛だと、脱毛効果が出るまでに時間がかかります。

しかも、ムダ毛の量が多かったり、濃かったりする方は、普通の方より時間がかかるので、VIO脱毛するならクリニックに行くのがおススメだと思いました。

ムダ毛が柔らかい、そんなに量がないという方でしたら、サロンでも問題ないと思いますよ。

 

今回のまとめ

  • Vだけでなく、I、Oの脱毛もおススメ!
  • 衛生面のメリットが、とても大きい!
  • 予算に余裕がある方は、クリニックでの脱毛がおススメ!