脱毛はどうして毎月できないの?毛周期を考慮した一番効率的な脱毛法

わたしたちのお肌には、何百万本というムダ毛が生えています。

こうやって数で表すと、

「ぎょえ~、そんなにあるの~」

って感じになってしまいますが(笑)、ムダ毛は外部からの衝撃を守るという、とても大切な役割を持っているんですよ。

知っておきたい毛周期の仕組み

ジャマでもあり、愛おしくもある?このムダ毛は、「成長期」「衰退期」「休止期」という3つのサイクルを繰り返しています。

これを、毛周期とよんでいます。

毛乳頭で作られたムダ毛は、どんどん成長してゆき、毛穴の外に出て伸びてゆきます。

剃っても抜いても、成長期のムダ毛はしぶとく生えてきます。

成長が終わったムダ毛は、やがて伸びるスピードが遅くなって衰退期に入り、しまいには毛穴から抜け落ちてしまいます。

お風呂に入って髪を洗ったとき抜ける髪は、成長期が終了した毛なんです。

その後、毛乳頭は細胞の活動が鈍くなって、ムダ毛が作られない「休止期」に入ります。

そしてしばらくたったら、再び、成長期に入ってムダ毛を作り出すというように、同じサイクルを繰り返しているんです。

また、すべてのムダ毛は同じ周期になっているのではなく、成長期にある毛もあれば、休止期に入っている毛もあります。

クリニックや脱毛サロンでの施術は、成長期にあるムダ毛にしか効果を発揮しません

休止期や衰退期の毛乳頭にレーザーやフラッシュを当てても、ムダ毛は生えてきますので、何回か施術を繰り返さなくてはならないんです。

毛周期は、だいたい2,3ヶ月というサイクルになっていますから、クリニックやサロンでの施術もそれに合わせているんです!

複数部位の脱毛をするときのコツ

毛周期というのは、部位によって異なってきます。

たとえば、Vラインやワキでしたら毛周期は4か月ですし、腕は3~5か月となっていて、その時のホルモンバランスも毛の成長に影響してきます。

もし、複数部位の脱毛をするのでしたら、毛周期が一番短い部位に合わせて全体の脱毛をするのが、一番効率的な結果が得られます

たいていのサロンやクリニックでは、全身脱毛を除いて、施術は複数の部位を1回で行いますから、カウンセリングスタッフもすべての部位の施術ができるように手配します。

ですから、施術できない部位が出ることがないように、施術日が近づいてきたら食生活に気をつけて肌荒れが起こらないようにしたり、ムダ毛処理でカミソリ負けしないようにしたりして、肌状態を整えておきましょう!

カウンセリングでチェックしたいこと

これまで説明しましたように、ムダ毛の成長周期というのは、部位によって異なりますので、間違って施術のスケジュールを決めてしまうと、大切なお金と時間を無駄にすることになってしまいます

カウンセリングでは、脱毛する部位のムダ毛の毛周期を確認して、どれぐらいのペースで脱毛に通えばよいのか説明を受けて、施術の予約を入れてゆきましょう。

気を付けたいのは、予約をキャンセルしたときです。

改めて予約を取るときは、最初と同じように、毛周期に合わせることをお忘れなく!!

カウンセリングが終わった後、最初の施術の予約をするときは、カウンセラーがサポートしてくれるケースが多いですが、それ以降は、自分でスケジュールを立てなくてはいけません。

「何回も施術を繰り返しているのに、ムダ毛が全然減らない!」

と悩んでいる方のなかには、実は、こうしたことが原因になっていることが多いんです。

少し面倒かもしれませんが、そこはツルスベ肌を1日でも早くゲットするためと意気込んで、施術をスタートしたら、毛周期スケジュールを作ってみましょう!

施術部の毛周期をメモして施術期間をチェックし、その間に予約を入れる、たったこれだけのことで済んじゃいますよ!

今回のポイント

  • ムダ毛は成長、衰退、休止のサイクルを繰り返している!
  • 施術に効果があるのは、成長期のムダ毛だけ!
  • 毛周期は部位によって異なる!
  • 毛周期に合わせて施術を受けることが、とても重要!