季節に合わせたスキンケア、実践していますか?

春に注意するのは保湿と花粉、そして紫外線

みなさんのスキンケアは、季節に合わせてきちんと変えていますか?

四季のある日本では、季節によって温度や湿度(乾燥度)がかなり変わりますから、それに合わせてスキンケアも変えなくてはなりません。

夏も冬も同じスキンケアをしていたのでは、紫外線によるダメージの蓄積具合も変わって、急にシミが増えたり、ターンオーバーが乱れたりするなんてことも・・・。

そこで今回は、季節に合わせたスキンケアのポイントをご紹介してゆきます。

皮膚科クリニックの先生からもらったアドバイスもありますので、必見ですよ!

まずは、春のスキンケアからスタートです。

乾燥に悩まされた冬が終わっても、天候が不順で日によって湿度が変わるのが春の気候です。

昼と夜の寒暖差が激しいので、水分や油分のバランスが崩れてしまい、お肌が乾燥する日が多くなります。

ですから、日中だけでなく、夜のお肌の状態も十分にチェックして、こまめに水分&油分補給を行いましょう。

この時期は、花粉が飛び始め、紫外線が強くなる季節でもあります。

こうした外部からの刺激に備えて、花粉からお肌を守る対策や、紫外線ケアを徹底しましょう!

エアコンによる乾燥にご注意

夏になると紫外線がとても強くなるので、みなさん、UVクリームを塗ったり、帽子や長そでの洋服などを利用したりして、お肌をしっかりガードしていますね。

でも、エアコンによるお肌の乾燥に気を付けている方は、意外と少ないようです。

オフィスや自宅にいる時間が多い方は、保湿力の高い化粧水を使い、油分の補給もしっかりと行ないましょう。

もちろん、洗顔のときも同じで、汗や余分な皮脂をしっかり落としたあとは、すぐに保湿して美容液でフタをしてあげてくださいね。

汗でお肌がベタつくからといって、洗浄力の強い洗顔料を使うのは避けましょう!

ただでさえ、強い紫外線の影響でバリア力が低下しているお肌が、さらなるダメージを受けて、必要な油分まで洗い流してしまいます。

ベタつきは、油分の少ない化粧水や美容液に変えると解消されることが多いですよ。

秋はお肌が敏感になっています

紫外線や乾燥のダメージを受けた秋のお肌は、ターンオーバーが乱れがちです。

また、紫外線の影響でシミが出やすい状態になっていますので、まずは、ダメージ回復に専念しましょう!

一番ダメージを受けているのは角質ですから、美容成分がたっぷりと含まれたアイテムで、お肌に栄養を与えましょう。

もし、シミができてしまったら、美白コスメを使うのも有効ですが、からだの内側からのはたらきを利用して、古い角質が自然とはがれるようにすることを第一に考えてください。

具体的には、質の高い睡眠をとって、ターンオーバーの乱れを正常にするとか、油っこい食べ物を避けて、野菜を多く食べるといった生活に変えることです。

この時期も、まだまだ紫外線はたくさん降り注いでいます。

ですから、夏が終わったからといって紫外線対策を怠るのはNGですよ!

徹底した乾燥対策が必要な冬のスキンケア

冬になると湿度や気温が一気に下がるので、お肌の水分と油分量も減少します。

この季節は、一年で一番保湿に気を使わなくてはなりません。

湿度が70%を下回るとカサついてきますから、室内にいるときは常に加湿器で調整しましょう。

外出するときは、マスクをするなどして、外気がお肌に直接当たらないような対策が有効ですよ。

湿度だけでなく、気温の低下も乾燥肌の原因になります。

血行が悪くなるとお肌まで栄養が届かず、新陳代謝が鈍くなりますし、乾燥肌にもつながります。

できるだけ、温かい飲み物を飲んだり、からだを冷やさないようにしたりするのはもちろんのこと、普段から代謝をアップさせてくれる食べ物を摂る習慣を身に付けましょう!

 

一般的に、北国で摂れた食べ物はからだを温めてくれます。

カボチャ、ニンジン、大根、長ネギなどはその代表例です。

 

今回のポイント

  • 紫外線は1年中降り注いでいるので、UV対策も忘れずに!
  • お肌の敵「乾燥」は、季節によって原因が異なる!