オーガニックコスメの本当の実力

ケミカルコスメとの違いは?

食品ではすっかりおなじみなったオーガニック。

化学肥料や農薬を使わずに作られた野菜や果物を中心に、利用者が増えています。

食品と同じように、オーガニック植物などを材料にして作られているのが、最近人気のオーガニックコスメです。

食品においては、オーガニックとうたうためには一定の基準をクリアしないといけないのですが、コスメはかなりあいまいになっているのが実状です。

質の低いコスメになると、オーガニック成分がほんのわずかでも入っていたら、オーガニックコスメ商品として販売しているものまであるんですよ!

まずは、ほかのコスメと同じように、ブランドや商品のキャッチコピーだけで飛びつくのではなく、その成分や含有量まできちんと調べるようにしてくださいね。

ケミカルコスメとの違いはいくつかあるのですが、一番の注目ポイントは、植物が本来持つパワーを十分に引き出して、お肌を内側から再生してゆくということです。

一般のコスメは、肌の外側からはたらきかけますから、作用の仕方も変わってくるんですね。

植物には、体内で発生する活性酸素を除去してくれる抗酸化成分や、敏感肌の方でも使える優しい成分がたくさん含まれています。

これに対してケミカルコスメは、洗顔料だったら汚れと油分を分解するための界面活性剤が使われていますし、化粧水には石油原料のミネラルが含まれているものもあります。

また、ニオイのもととなる香料、色のもととなる着色料、そして、コスメを腐らせないようにするために使われる防腐剤など、数えたらきりがないほどの化学物質が使われています。

スキンケアのために使っているアイテムが、知らないうちに肌荒れの原因になっているということって、とても多いんですよ。

そんな事情もあって、オーガニックコスメに注目が集まっているというワケなんです。

無添加化粧品などとの違い

ここで注意していただきたいのが、オーガニックコスメは、無添加化粧品や天然由来化粧品などとは、まったくの別物であるということです。

無添加化粧品は、さきほどお伝えした防腐剤や、鉱物油、パラペンといった成分が含まれていないアイテムのことで、天然由来化粧品というのは、原材料の一部(香料など)に植物が含まれたものなんです。

オーガニック化粧品というのは、有機肥料など土壌の力を借りて育てられた植物を原材料にして作られた植物が主原料になったアイテムです。

また、「自然に優しい」をテーマにして作られているので、工場での製造過程や輸送方法などにおいても、自然環境に負担がかからないように配慮されているのも特徴です。

オーガニックコスメはどう選ぶ?

日本では、食品に関しては認証機関がありますが、コスメに関しては残念ながらありません。

そこでおススメなのが、海外のコスメです。

海外では、ECOCERT、COSMEBIO、ACO、USDAなどさまざまな認証機関がしっかりと商品チェックをしていますから、安心して使えます。

もちろん、認証を受けていないオーガニックコスメの中にも、お肌をしっかりと再生してくれるアイテムはたくさんありますから、いろいろと情報を仕入れてみて、自分に合う商品を試してみましょう!

今後、このサイトでもおススメのオーガニックコスメを紹介してゆきます。

ただし、植物が原材料で安全性が高いと言っても、アレルギー反応などが出ることもあります。

そんな場合に備えて、オーガニックコスメを使用するときは、必ず、パッチテストを行ってくださいね!

そして、使用中に肌トラブルが発生したら、すぐにドクターに診てもらいましょう!

今回のポイント

  • 日本ではオーガニックコスメと正式に認定する機関がない!
  • オーガニックコスメの役割は、肌の再生力を高めること。そして、植物の抗酸化成分で効果的なアンチエイジングにつなげること!
  • 無添加、自然派、天然由来化粧品などは、全部オーガニックコスメではない!