慢性的な水不足がお肌の乾燥に??

内側からもしっかり水分補給

お肌の保湿には気を配っているけど、毎日飲む水の量は、あまり気にしていない。

あなたにも当てはまっていませんか?

人間のからだの水分量って、年齢を重ねるとともに減ってゆきますが、水分補給が十分ではないと、そのスピードは加速してゆきます。

わたしたちに必要なのは、失われた分の水分と同じ量をきちんと補うことです。

効率的な水の飲み方も覚えて、乾燥とは無縁の美肌を目指しましょう!

最初のチェックポイントは、1日に飲むべき水の量です。

からだの水分は、汗をかいたときや、トイレに行ったときだけでなく、呼吸をしていても排出されています。

また、お酒を飲んだときなんかは、アルコールの分解に大量の水が消費されています。

目安としては1日2リットルぐらいですが、運動をして汗を多くかいた日とか、飲みに行った日なんかは、少し多めに摂取するといいですよ。

できれば、飲んだお酒と同じ量で!

のどの渇きに気が付きにくくなっている?

現代人多くは、慢性的な水不足の状態にあると言われています。

少しぐらいのどが渇いてもガマンしてしまうと、脳がだんだんと水を飲みたいという信号を出さなくなるんだそうです。

たしかに、寝ているときにのどが渇いても、布団から出るのが面倒くさいと感じちゃいますもんね。

それと、お風呂に入ったときや、寝ているときなんかも、かなり汗をかいているのですが、こまめに水分補給をしている方って、あまり多くないですよね?

こうした生活習慣が身についてしまうと、からだが水不足になるだけでなく、脱水症状に陥ってしまうリスクも高まってしまいます。

もちろん、お肌の細胞が弱って新陳代謝が鈍くなってしまいますし、乾燥したカサカサ肌にもつながってしまいます。

わたしもこの記事を書く前に、自分が1日に飲んでいる水の量をチェックしてみたら、全然足りていませんでした(汗)。

そこで考えたのは、自然に水が飲みたくなるように、おいしいミネラルウォーターを常に冷蔵庫に入れておく、ということです。

ミネラルウォーターには、お肌の健康に欠かせない成分がたくさん含まれています。

代表的なミネラルは、マグネシウムです。

マグネシウムは細胞の新陳代謝を活発にさせますから、体内で不足するとターンオーバーが乱れますし、血行不良も引き起こすので、くすみが目立つお肌になってしまいます。

また、日常の食事では足りていないカルシウムも、ミネラルウォーターから摂取して、お肌の保水力をアップすることができます。

重いペットボトルをドラッグストアやスーパーで買ってくるのは大変と思う方は、ウォーターサーバーを利用することを検討してみてください。

わたしの友人が実際に利用しているんですが、給水コックをひねるだけですぐにおいしい水が出て便利ですし、水の値段も意外に安いと知ったので、わたしも自宅に置くことを検討しています。

水の飲みすぎにはご注意!

こまめな水分補給は、美肌キープに欠かせませんが、水の飲みすぎには注意してください。

からだに必要な量以上に水を飲んでしまうと、体内に水がたまって排出されなくなる「水毒病」を引き起こすことがあります。

水がたまるということは、体を冷やすことにもつながってしまうので、新陳代謝が低下してお肌に古い角質がたまりますし、顔もむくんできます。

水は適量を、そして、なるべく常温で飲むというのが、美肌になるための秘訣です!

朝起きたときに飲む水は、50度ぐらいの白湯にすることをおススメします。

作り方はカンタンです。

水を電子レンジで温めた後、飲める温度まで冷ましてください。

これを飲み続けると、冷え性が改善して代謝が上がり、ダイエット効果が期待できます。

また、腸の動きが活発になりますので、美肌にもつながりますよ!!

今回のポイント

  • からだはいつも水不足の状態にある可能性がある!
  • 冷水ではなく白湯を飲む!