脱毛サロン・エステとクリニック、施術に大きな違いはある?

サロンもクリニックも、施術マシンの光を当ててムダ毛を減らしてゆく、という流れは同じですが、マシンや照射する光、そして、ムダ毛へのダメージの伝わり方など、あらゆる点が異なっています。

コマーシャルなんかを見ると、サロンでもすぐにムダ毛がなくなって、ツルスベ肌になれると勘違いしてしまいますから、今回のポイントもしっかりと押さえておいてくださいね!

クリニックで行われているのはレーザー脱毛

まず、脱毛マシンの仕組みからお話ししますね!

クリニックでは「レーザー脱毛マシン」が使われていて、これは医療器具なんです。

ですから、サロンのように医療従事者がいないところでは、取り扱うことができません。

このレーザーは、ムダ毛を作り出す細胞(毛乳頭)を直接破壊するので、今の時点で生えている毛が抜けてしまえば、そこから新しいムダ毛が生えてくることはありません。

お肌の細胞を壊してしまうぐらい、強力なレーザーですから、医療知識を持った専門家が慎重に施術を行いますし、施術前のケアやアフターケアも念入りに行われます。

この毛乳頭は肌の表面ではなく、表皮の下にあります。

レーザーは肌の表面に当てて、そのダメージを毛乳頭に伝えてゆくことになるワケですから、痛みが発生しますし、ワキやVラインのように肌が薄い部分に関しては、結構、強い痛みを感じることがあります。

でも、クリニックは医療機関ですから、痛みに弱い方には麻酔で対応してくれますから安心ですよ!

麻酔と言っても、注射するタイプのものではなく、お肌に塗るだけのものになりますので、気楽に考えて大丈夫ですよ~。

サロンのマシンはパワーが弱い

強力なクリニックのマシンに対して、サロンで使われているマシンは、出力の弱い光(フラッシュ)をお肌に当てて、ムダ毛の黒い部分に熱を与えます。

その熱が毛乳頭に伝わってゆくことで、脱毛効果をうながしてゆくのですが、クリニックのレーザーのように細胞を破壊するほどのパワーはありませんから、何度も施術をする必要があるんですね。

当然、痛みも少なくて済みます。

ただ、施術スタッフは医療従事者じゃなくてもいいので、腕の悪い人や新人さんが担当したら、痛みを感じることもありますよ(苦笑)。

スキンケアは必ず行われます

どちらの脱毛でも、施術前と施術後に、必ずスキンケアが行われます。

まず、施術前は、痛みを最低限にするために冷たいタオルで施術部を冷やしたり、脱毛効果を促すためのローションが塗られたりします。

クリニックの場合は、この段階で麻酔クリームが使われます。

施術中は、脱毛マシンから照射されるレーザーやフラッシュから目を守るために、アイマスクをつけることになります。

気の利いたスタッフさんだと、

  • 「次はジェルを塗りますね~」
  • 「フラッシュを当てますよ~」

などと、次に何をするか心配にならないようにフォローしてくれるので、とってもありがたいです。

施術が終わったら、脱毛した部分に熱がこもった状態になっていますから、再び、タオルなどでクールダウンした後、保湿剤をたっぷり塗ってくれます。

数年前は、アフターケアが最低限で終わるサロンが多かったのですが、最近は、サービスが向上していて、サロンごとに独自のローションを使うなどして、お客さんに安心を提供しているところが多いです。

施術後に肌トラブルが起こったとしても、クリニックだったらすぐにドクターに診てもらえるのが安心ですね。

でも、サロンでも皮膚科クリニックと提携して、万全の体制を整えているところもありますから、気になる方はホームページで確認して、無料カウンセリングでサポート体制の詳細を必ずチェックしてみてくださいね!

今回のポイント

  • 施術の前後には、スキンケアが行われる!
  • クリニックなら、肌トラブルが起こってもすぐに診察してもらえる!
  • サロンでも皮膚科と提携しているところもあり!