カサつくのにテカる!混合肌になる理由は?

皮脂の分泌が多いTソーン

「ほほやあごはカサついているのに、オデコや鼻はテカってしまう」

こんなお悩みを抱えている方、いませんか?

皮脂や水分が不足しているお肌は「乾燥肌」、逆に、皮脂が過剰に分泌されているお肌は「オイリー肌」といいます。

そして、顔の部分によって状態が変わっているお肌は「混合肌」といいます。

混合肌は、乾燥肌とオイリー肌が混ざった状態だけでなく、普通肌と乾燥肌、普通肌とオイリー肌といった状態も含まれます。

日本人の約6~70%が混合肌になっていると言われており、症状に合わせたケアができていない方がほとんどなんだそうです。

 

みなさんにまず覚えておいてもらいたいのは、皮脂が分泌される量は、お肌の場所によって変わるということです。

一般的には、Tゾーンは乾燥すると皮脂が積極的に分泌されますが、Uゾーン(ほほやあごのライン)はそれほど皮脂が出ません。

こうしたお肌の仕組みを知らずに、自分の肌質を決めつけてスキンケアを続けていると、乾燥やオイリー状態がひどくなってしまうことも・・・。

まずは、自分の肌がどんな状態になっているか、しっかりチェックしてみましょう。

もし、混合肌だと気が付いたら、部分ごとにケアすることを心掛けてください。

このポイントは、後ほど解説しますね!

 

混合肌になってしまう原因は?

そもそも、普通のお肌がどうして混合肌になってしまうのでしょうか?

原因は、外的なものと内的なものが考えられます。

 

混合肌の外的要因

紫外線

お肌が大量の紫外線を浴びると、肌のバリア力が弱まってしまい、水分や皮脂が奪われて乾燥肌になってしまいます。

この症状が顕著に出てしまうのが、Uゾーンというワケです。

 

間違った洗顔

ゴシゴシ洗いすぎて皮脂を落としすぎてしまうと、お肌がバリア機能を作ろうとして、新たな皮脂が過剰に分泌し、オイリー肌を作り出してしまいます。

 

エアコンによる乾燥

冬場は加湿器を使う人が多いですが、夏は乾燥対策が手抜きになりがちです。

特に、冷房の効いたオフィスなどに長時間いる方は、水分も油分も失われて、カサカサのお肌になっています。

 

混合肌の内的要因

生活習慣の乱れ

喫煙、睡眠不足、ストレス、栄養バランスが偏った食事などは、みんな肌トラブルの原因に!

今は普通肌の方でも、年齢を重ねるとともにお肌の水分量は自然に減るので、混合肌に変わってゆく危険性が・・・。

 

ホルモンバランスの乱れ

生理前後はホルモンのバランスが大きく変わりますから、急にお肌が乾燥したり、オイリーになったりすることがあります。

 

まずは、こうした原因を覚えて、できるところからすぐに改善しましょう!

 

お肌のバリア機能を正常にする

正常なお肌というのは、水分と油分が適度に保たれている状態になっています。

ですから、スキンケアでは保湿と油分補給に気を配りましょう!

お風呂から出た後、洗顔後などはすぐに保湿して、すかさず美容液でフタをします。

オイリー肌だと、しっかりと洗顔したくなりますが、洗顔フォームの泡で優しくこするようにして、皮脂が落ちすぎないようにぬるま湯で洗い流しましょう。

混合肌を改善する正しい洗顔は、「洗顔方法を変えるだけで、美肌になれる!?」【g012.docへのリンク】や、「正しい洗顔写真付きで見せます」【d009.docへのリンク】を参考にしてください。

 

また、洗顔料の成分にも注意が必要です。

さっぱりタイプの洗顔料だと、必要な皮脂まで落としてしまう成分が含まれていますので、テカりが気になる方でも、しっとり系のアイテムを選ぶようにしてください。

 

乾燥している部分とオイリーな部分それぞれで、洗顔料を分けて使うというのも、一つの方法です。

同じように、乾燥している部分には、油分である乳液やクリームなどを多めに使ったケアも試してみてください。

ただし、混合肌の方はニキビができやすいので、油分の塗りすぎには注意してくださいね!

 

今回のポイント

  • 混合肌の多くは、生活環境が招いている!
  • 肌質に合ったスキンケアを!