年齢に合ったスキンケアをしていますか?

実は老化が始まっている20代前半

先日、友達に赤ちゃんが生まれたので、由香と遊びに行きました。

赤ちゃんを抱っこして、お肌をつんつんしたら、指が跳ね返されるような弾力があって、二人とも超ビックリ!!

わたしたちも昔はこんなお肌だったのに、なんで今は、こんなにハリのない状態になっちゃったんだろうって、ガックリきちゃいました(笑)。

 

人間のからだって、ほとんどが水でできているというのは、よく知られていますけど、赤ちゃんのときは80パーセントぐらいもあるんだそうです。

でも、成人になると60パーセントにまで減少。

つまり、老化は20代前半から始まっているんです!!

こんな話を聞いちゃうと、みんな落ち込んじゃうかもしれませんが、わたしたちのからだには再生能力があります。

それに、コスメも機能性がアップしていますから、アンチエイジングの知識を身に付ければ大丈夫です。

そこで今回は、年代別のスキンケアについて解説してゆこうと思います。

 

20代のスキンケア

成人になるまでは、体内で美容に欠かせない成分が活発に作られていますが、からだの水分と同じように、20代前半からその量が減ってゆきます。

代表的なのは、お肌のハリをつくりだすコラーゲンとエラスチンです。

30代、40代の方ほど、目立った症状が出てこないので、スキンケアが手抜きになりがちですが、紫外線対策や保湿をしっかり行って、美しいお肌のベースづくりを心掛けましょう!

20代は女性の肌が一番美しく輝く時期ですが、間違ったスキンケアで肌質が変わるリスクもあります。

特に、洗顔は気を付けてください!

 

お肌の汚れをしっかりと落としたいと思って、洗浄力の高い洗顔料を使ったり、指で強い刺激を与えたりして洗顔すると、普通肌の方でも敏感肌に変わってしまう可能性があります。

20代後半になると、仕事や家事でスキンケアに時間をかけられなくなってきますから、若いうちから正しい洗顔方法を身に付けておいて下さいね!

洗顔方法は、「洗顔方法を変えるだけで、美肌になれる!?」をご参考に!!

 

あと、紫外線対策にも注意が必要です!

すぐにシミとして表れなくても、シミ予備軍がお肌の内部に作られて、30代、40代になって急にシミだらけの顔になるなんてことも・・・(恐)。

 

ホルモンバランスに注意したい30代

アラサー世代になるにつれて、悲しいことに、老化はお肌に表れてきます。

この時期はホルモンの分泌が、大きく変化します。

30代前半は、比較的ホルモンバランスが安定しますが、後半になると、だんだんと女性ホルモンが減って、男性ホルモンが増えてくるんです。

 

これによって、大人ニキビができたり、「肝斑」というシミができたりします。

睡眠不足、ストレス、偏った食生活はすぐに改善して、毎日、適度な運動をすることを心がけてくださいね。

また、ターンオーバーが乱れ始める年代でもありますが、最初はコスメの力を借りるのではなく、からだの再生力を取り戻したり、食べ物の力を借りたりして、内側から改善することが重要です。

ちなみに、ターンオーバーの周期は年代で変化するのですが、30代は40日周期になっているんですよ。

 

保湿を徹底したい40代のお肌

20代、30代のスキンケアがものをいう40代のお肌。

この時期になると、お肌の水分量は一気に低下して、特に角質層は、スキンケアが十分ではないと、すぐに乾燥肌になってしまいます。

ですから、重要なスキンケアは、一にも二にも「保湿」です。

 

また、コラーゲンやヒアルロン酸も減って、お肌のハリもどんどんなくなってゆきますから、食べ物やサプリメントなどで、積極的に補給しましょう。

ホルモンの分泌も、30代のときよりさらに減ってきてしまいますが、運動を続けて基礎代謝が上がってくると、減少スピードがスローになります。

あとは、睡眠ですね。

良質な睡眠が取れれば、40代になっても成長ホルモンがしっかりと分泌されます!

 

今回のポイント

  • 老化はなんと20代前半から!
  • 40代でも成長ホルモンでアンチエイジング可能!