正しいピーリングで角質を取り除きましょう!

ピーリングには2種類ある

通常のお肌は、だいたい28日周期でターンオーバーが行われて、古い角質がはがれ落ちてゆきます。

でも、紫外線の影響やストレス、睡眠不足などが影響してこの周期が狂うと、いつまでも角質がお肌に残った状態になり、肌トラブルの原因に・・・。

それに、年齢を重ねると共に、ターンオーバーの周期は遅くなってゆくので、角質はさらにたまりやすくなります。

こんな時はまず、スキンケアを念入りにして紫外線を避ける生活をしたり、ストレスの発散、良質な睡眠確保を心がけたりすることが重要ですが、それでも改善しない場合は、ピーリングを試してみるのもいいかもしれません。

ピーリングとは、古い角質をはがして、正常なターンオーバーに戻すスキンケアです。

 

方法は2種類あります。

1つ目は「ケミカルピーリング」と言って、専用のコスメをお肌に塗って角質を落としてゆく方法です。

人気なのは、表皮細胞を増やすはたらきがあるピーリングジェルで、これを使うと新陳代謝が活発になって、角質が押し出されてきれいな肌になれることが期待できます。

毛穴を引き締める、余分な皮脂の分泌を減らすといった効果もありますから、ニキビ防止にもつながりますね!

 

もうひとつご紹介したいのが、ピーリング石鹸です。

ジェルよりも効果は低いですが、その分、お肌にやさしくなっています。

使い続けていると、ニキビ跡が目立たなくなるという効果もあります。

ほかにも、スクラブタイプのものや、化粧水のようにふき取るタイプのものなど、いろいろなアイテムが売られていますが、肌をこすって使うタイプのものは、新たなダメージを加えることにもなるので、なるべく避けたほうがいいですよ。

 

ピーリングは副作用の心配はないの?

ケミカルピーリングは、「ケミカル=化学物質」で角質を溶かすものです。

ですから、成分には十分気を付けて、実際に使ってみて違和感を感じたら、すぐに使用を中止しましょう!

 

ケミカルピーリング商品に使われている成分は、「AHA(アルファヒドロキシ酸)」と「BHA(ベータヒドロキシ酸)」に分かれます。

このうち、BHAは強力な化学物質が含まれているので、ピーリング効果は高いですが、肌荒れがさらにひどくなるという副作用が発生することがあります。

その点、AHAは、りんご酸、乳酸、クエン酸といった自然由来の成分を使っていますので、比較的お肌にやさしく作られています。

AHAでも使用後はお肌がヒリヒリする、赤みが発生するといった副作用が考えられますので、この点を十分に理解したうえで行ってくださいね。

 

レーザーピーリングなら安心?

自宅で手軽にできるケミカルピーリングに対して、クリニックで行っているのが、「レーザーピーリング」です。

レーザーピーリングは、お肌にレーザーを当てて古くなった角質をはがすという施術で、ケミカルピーリングのように薬剤を使用しませんから、副作用はほとんどありません。

毛穴の黒ずみが消える、お肌のキメが整う、ニキビ肌が改善するなど、さまざまな美肌効果も得られるんですよ!

ただし、乾燥によってできたニキビや、生理前にホルモンバランスの乱れが原因でできたニキビは効き目がないんだそうです。

 

また、レーザーピーリングは、効果がすぐにでるのも大きな特長で、施術を受けた翌日からお肌の調子が変わったと実感する人が多いんだとか!!

施術費用が1~2万円ぐらいかかってしまいますが、安全性と即効性を考えたら、試す価値はありますね。

レーザーピーリングは、脱毛のように施術後は日焼けをしない、保湿をしっかりとするといったスキンケアが必要になりますが、美肌になれるだけでなく、アンチエイジングにも役立ちます。

クリニックで脱毛を考えている方は、ピーリングも一緒に受けることを検討してみてもいいですね!

 

今回のポイント

  • ピーリング剤も成分に注意!
  • クリニックのレーザーピーリングは、アンチエイジング効果が大きい!