クリニックで使われる脱毛マシンの種類を知る!

3種類のマシンを覚えればOK!

脱毛マシンの種類については、無料カウンセリングのときに詳しい説明を受けるので、お肌や脱毛の仕組み、施術後のスキンケアほど気にすることはないのですが、特徴を知っておけば、より早くツルスベ肌がゲットできると思います。

 

そこで今回は、クリニックで使われている代表的な3つの脱毛マシンについて、分かりやすく解説してゆこうと思います。

ほとんどのクリニックでは、施術に使っているマシンの種類を公表しています。

このページで知識を身に付けてからクリニック選びをすれば、より効果的な施術が受けられますよ!

 

最近のクリニックで使われている脱毛マシンは、どれも高性能で、お肌にあるメラニン色素にだけ反応して、毛乳頭を壊すという仕組みになっています。

代表的なマシンは、

  1. アレキサンドライトレーザー
  2. ダイオードレーザー
  3. YAG(ヤグ)レーザー

の3種類です。

1種類の脱毛マシンを使っているクリニックもあれば、3種類のマシンを全部用意して、患者さんの肌に合わせて施術を行なっているところもあります。

 

日本人向きのアレキサンドライトレーザー

ムダ毛をつくりだす毛乳頭は、脱毛マシンのレーザーの波長によって破壊されてゆくのですが、アレキサンドライトレーザーの波長は、日本人のお肌に一番合うと言われています。

メラニン色素だけを確実に狙うことができますから、お肌へのダメージは最低限で済みますし、レーザーの照射回数が少なくても効果が出るという特徴もあります。

施術のときは、冷却するための風などをあてるので、痛みに弱い方でも安心です。

 

デメリットとしては、波長の調整ができないことから、顔や背中のような産毛が多い部位の脱毛に弱いということが挙げられます。

残念ながら、肌が色黒だったり、日焼けしたりしていたら、このマシンは使えません。

 

痛みの発生が一番少ないマシン

ダイオードレーザーは、アレキサンドライトレーザーより痛みの発生が少ないマシンです。

それでいて、メラニン色素が薄いムダ毛にもしっかりとパワーが届くので、産毛の脱毛も可能という特徴があります。

また、四角形のレーザーで施術を行なうため、丸型タイプのレーザーに比べて「照射残し」の発生が少なく、全身くまなく利用できます。

肌が薄くて刺激を強く感じるVIO脱毛には、最適なマシンと言えるでしょう。

 

お肌へのダメージが少ないことから、敏感肌の方もダイオードレーザー脱毛を利用しているそうです。

さらに、レーザーの照射範囲がとても広いので、施術部分が多くても短時間で済んでしまいますし、毛穴が引きしまるので、美肌効果まで期待できちゃいます。

ムダ毛の量が多い方にもおススメのマシンですよ!

 

シミ治療にも使われるマシン

3つ目のYAG(ヤグ)レーザーは、シミやそばかすなどの除去治療に使われているマシンです。

メラニン色素への刺激が低い分、日焼けをしたお肌でも施術ができますし、レーザーの波長を調整することで、太いムダ毛にも威力を発揮します。

ちなみに、太くて硬い毛というのは、通常の軟毛よりも毛根が肌の奥にあるので、ほかの脱毛マシンでは波長が届かないこともあるんだとか・・・。

 

その点、YAGレーザーだったら、アレキサンドライトレーザーやダイオードレーザーに比べると、少しパワーが落ちますが、毛乳頭までしっかりと波長が届きますから、脱毛効果で大きな差が出るということはありません。

また、YAGレーザーもVIO脱毛に向いていて、特に、色素沈着が目立つ方でしたら、刺激が抑えられるという大きなメリットがあります。

クリニックのホームページにアクセスしたら、まずは、どのタイプのマシンを使っているか確認して、自分のムダ毛に合っているかチェックしてみましょう!

ホームページにマシンの説明がなかったら、コールセンターに問い合わせてみるといいですよ。

 

今回のポイント

  • 3種類の脱毛マシンには、それぞれに得手不得手がある!
  • クリニックに行く前に、使われているマシンのタイプをチェック!