気になる脱毛サロン・エステの中はどんな様子?

みなさんは、脱毛サロンの内部や施術ルームって、どんな感じだと想像しますか?

コマーシャルやホームページの印象からすると、エステのような高級感あふれる雰囲気で、施術ルームなんかはスタッフかなりゴージャスなのでは、なんて考えていませんか?

入り口やカウンセリングスペースはキレイ!

わたしは以前にも、何か所もの脱毛サロンに通っていたので、店内の雰囲気がどうなっているかは知っていましたが、今回、一緒に施術を体験した友達は、コマーシャルとのギャップに驚いていました(笑)。

たいていの脱毛サロンは、会員が施術に通いやすいように駅から近いところにあるのですが、家賃を抑えるために、雑居ビルに入っていることが多いんです。

「え?こんな古いビルに入っているの?」

って驚く方が多いぐらい、特に、都心の店舗は怪しげなビルに入っていることもあります(笑)。

それでも、サロンの入り口開けると清潔感あふれるイメージが広がっていて、照明やインテリアなどは、

「お金かけているなぁ~」

という印象を受けますし、スタッフさんの身なりもしっかりしています。

カウンセリングを受ける場所は、テーブルとイスがセットになった共用スペースだったり、個室になっていたりと、サロンによってさまざまですが、比較的チープな家具が使われています。

イスなんかは、プラスチック製で、無料カウンセリングで長い時間座っていると、お尻が痛くなることもありますからね・・・(笑)。

それでも、清潔感はあふれていますね。

まぁ、ここまでは、お客さんが会員になるまでに過ごすスペースになりますから、見た目のイメージと最低限の居心地には気を遣っている、そんな印象を受けます。

ビックリするのは施術ルーム?

脱毛の施術は、専用ルームで行うのですが、たいていのサロンは薄い壁とカーテンで仕切られているので、とてもじゃないけど「ルーム」とは呼べないようなスペースになっています(汗)。

なかには、無料カウンセリングスペースのすぐ隣に施術ルームがあるところもあって、施術の様子が聞こえてくるなんてケースも・・・(大汗)。

サロンの入り口や店内と違って、施術ルームには汚れが目立ちます。

施術着とかVIOの脱毛時に使うショーツなんかは、さすがにクリーニングしたばっかりのものや新品が用意されていますが、気になるのは床やマットの汚さ!

もちろん、サロンや店舗によって状況は違うんでしょうけど、ほこりが目立ちますし、足ふきマットなんて真っ黒!

(今回、友人が施術体験に行ったミュゼのレポートを見てください!)

まぁ、次から次へとお客さんがやってきて、掃除をする暇がないというのがサロンの本音なんでしょうけど・・・。

あと、どこのサロンでも同じですが、施術ルームはものすごい狭いです!

1畳ちょっとのスペースにベッドと施術マシンなどが置かれていて、最初は少し圧迫感を感じるかもしれませんね~。

どうしてこんなつくりになっているかというと、一人でも多くのお客さんに対応するために、スペースは最低限で、余計なものは一切置かずに、効率を重視しているからなんだと思います。

お部屋の掃除も、おそらく、閉店後にしか行っていないんでしょうね~。

ちょっと、脱毛サロンのイメージが悪くなっちゃったという方もいるかもしれませんが、

「お得な料金で脱毛ができるのなら、多少の汚れは我慢する!」

と割り切っちゃえば、あまり気にならなくなると思いますよ~。

施術着だけじゃなくって、ベッドや施術マシンなど、お肌に直接触れるものはキレイなので、衛生面の心配はありません。

それに、施術はあっという間に終わりますから、施術ルームで過ごす時間は短いですよ!

今回のポイント

  • 施術ルームは狭く、汚れが気になるかも!
  • 脱毛料金の安さを考えて、その点には目をつぶりましょう!