20才を過ぎたら始めたい!食生活で目指す美白

みなさんは今、どんな美白対策をしていますか?

「クレンジングでしっかり化粧を落とす」

「美白成分が含まれているコスメを使う」

「ピーリングで古くなった角質を落とす」

どれも間違いではありませんが、方法を誤ってしまったら、逆に、お肌がくすんでしまったり、シミができてしまったり、なんてことも!

たとえば、クレンジングで水分や皮脂を落としすぎたら、乾燥肌になってしまいますし、ピーリングで強い刺激を与えたら、敏感肌になることもあるんですよ!

 

「美白の基本は、からだの内側からお肌のダメージ回復や、アンチエイジングを行うこと!」

ということを覚えておいてください。

そこで今回は、美白に効果的な食べ物などについてお話しますね。

 

20才がお肌の曲がり角?

食生活は20才から気を付けるべきと言われています。

その理由は、美白を支える要素は、水分、コラーゲン、ヒアルロン酸、酵素などさまざまですが、どれも25才を過ぎたころから、体内に蓄積されている量が減少してしまうからなんです。

 

さらに、睡眠が乱れていたり、ストレスが多かったりすると、そのスピードは早くなってしまうのです。

ですから、若いうちから美白に必要な成分を食べ物で摂取して体内にキープして、なおかつ、常に補う習慣をつけることをおススメします。

アラサー、アラフォー、そしてアラフィフの方でも遅くありませんから、今から実践してくださいね!

 

1日2リットルを目安に水分補給

1日2リットルの水を飲むと体にいいというのは、よく聞く話ですが、これは汗や尿、呼吸などで排出される水分が同じぐらいの量だからなんです。

でも、日本人女性の平均水分摂取量は、2リットル以下という調査結果が出ています。

 

からだの水不足が続くと、肌水分は徐々に低下してゆきますし、からだに水分が必要な状態でも、のどが乾いたと感じない、なんてことにもなっちゃうんです。

夏だけでなく、冬も同じです。

汗を多くかいた時は、少し多めに水分補給するようにしましょう!

これを実践するだけで、10年後、20年後のお肌は、かなり変わってきますよ。

 

ビタミンCも食物から摂取!

美白に欠かせない栄養素と言えば、ビタミンC!

シミの原因であるメラニン色素が、お肌で作られるのを抑えてくれますし、からだをサビさせる活性酸素を除去してくれます。

この成分を配合したコスメも多く、ドラッグストアでも人気みたいですね。

 

でも、ビタミンCは空気に触れると壊れやすいという特徴があるので、コスメより、食べ物から摂取するのがベストなんです。

ビタミンCが多く含まれている食べ物は、みなさんご存知のレモンをはじめ、パセリ、赤ピーマン、黄ピーマン、ゆず、アセロラなどです。

 

また、最近はやりの成分「リコピン」も見逃せません。

これはトマトに多く含まれていて、強力な抗酸化力を持っていますので、紫外線でダメージを受けたお肌には救世主のような存在なんですよ。

生のトマトはもちろんのこと、トマトジュースでも効果は変わりませんから、コンビニなどで購入して、手軽に摂取できるのが大きなメリットですね。

 

お肌にできたシミも消してくれる

お肌にできたシミは、美白クリームなどを使って落としたくなりますが、その前に、はちみつやレバー、米胚芽などを食べてみてください!

これらに含まれている「L-システイン」という成分には、メラニン色素の生成を抑えたり、新陳代謝を活発にして、お肌にできてしまったシミを取り除いたりする効果があります。

 

同じく、メラニン色素を抑える成分として注目なのが、「アスタキサンチン」です。

エビ、鯛、鮭、イクラなどに多く含まれています。

海の中も紫外線が強いので、魚介類もその影響を受けないように、アスタキサンチンを体内に蓄えます。

色が赤いのがアスタキサンチンを持った生物の特徴で、わたしたちの美白にも有効的に働くんですよ!

ほかにもまだまだ、美白にいい食べ物はありますが、まずは、今回ご紹介した食べ物を毎日取るようにして、あこがれのお肌を目指しましょう!

 

今回のポイント

  • 美白を意識するのは20才から!からだの内側からケアを!
  • ビタミンCはコスメではなく、なるべく食べ物で摂取!
  • シミができてもあきらめない!L-システインを積極的に摂取!
  • 30代、40代、50代でも遅くない!今すぐ食生活の見直しを!