洗顔方法を変えるだけで美肌になれる!?

 

メイクの基本と言えば洗顔。

でも、多くの方が、間違った洗顔でお肌にダメージを与えているようです!

 

お肌の汚れは泡で浮かして落とす!

ムダ毛処理のときのカミソリやピンセットの刺激が、肌荒れを引き起こしていることを、すでにあちこちのページでお伝えしましたように、お肌って想像以上にデリケートなんです。

なんと、指で顔をこするだけでもシワやシミができたり、乾燥がひどくなったりと、ダメージを受けてしまうんですよ~。

 

洗顔は、1にも2にも

「お肌にやさしく!!」

と覚えておいてください。

 

なるべく、泡立ちの良い洗顔料や石鹸を泡立てネットで泡立てて、それを両手に乗せてお肌にころがし、毛穴に詰まった汚れや余分な皮脂を落としてゆきます。

指でこすらないと汚れがちゃんと落ちないと思いこんじゃう方が多いですが、泡立ちが良い洗顔料を使っていれば大丈夫!

毛穴に泡がしっかりと入り込んで、汚れをかき出してくれます。

 

同じことは、タオルで顔を拭くときにも言えるんですよ~。

お肌についた水をゴシゴシふくと、お肌が悲鳴を上げてしまいます(笑)。

ですから、タオルをお肌の上において水分を吸い取ってゆくように、やさしく~、やさしく~!

 

次に大切なのは、適度な皮脂をお肌に残すということです。

洗顔後にお肌が突っ張る感じがあったら、それは皮脂を落としすぎたサインです。

皮脂はお肌にとってバリアのような存在で、紫外線、汚れ、化学物質などのダメージから守ってくれるんです。

 

敏感肌の方や、大人ニキビが頻繁に出るような方は、肌質に合った洗顔料をきちんと選んでくださいね!

普通肌の方と同じアイテムを使っていると、肌トラブルがさらに悪化しまう可能性が高くなりますから。

 

朝と夜の洗顔は別物!

洗顔をするタイミングって、朝、起きたときと、会社から帰ってきた夜、という方がほとんどだと思いますが、同じ洗顔方法でお肌をケアするのも間違いなんですよ~。

夜は、一日の汚れがお肌についていますから、先ほどの説明のように、やさしくて念入りな洗顔にしなくてはなりませんが、朝は寝ている間にたまった余分な皮脂を落とす程度でOKなんです。

 

洗顔料でお肌をこする回数を減らすのはもちろんのこと、通常肌や乾燥肌の人だったら、ぬるま湯でサッと顔を洗い流す程度でも大丈夫なんですよ。

とはいっても、自分のお肌がぬるま湯だけの洗顔でいいのか、なかなか判断できないでしょうから、そんな場合は、Tゾーンや耳たぶのように、皮脂の分泌が多い部分だけ洗顔料を使うといいでしょう。

 

クレンジングオイルは避けるべき?

メイクを一気に落とせるコスメとして、みんなのマストアイテムになっているクレンジングオイルですが、洗浄力がとても強いので、使うときは注意してください!

メイクだけでなく、必要な皮脂まで落としてしまう可能性がありますので、正しい使い方を覚えましょう。

 

基本的には、顔全体にクレンジングオイルをのばしたら、適量の水をなじませて乳化した状態にして洗い流しましょう。

ポイントは、しっかりと乳化させること!

これができていないと、毛穴にオイルが残っちゃいます。

 

もし、メイクとクレンジングがきちんと落とせているのに、吹き出物が出るなどの肌トラブルが発生したら、お肌に合っていない可能性があります。

そんな時は、クレンジングオイルよりお肌にやさしいクレンジングミルクなどを試してみてくださいね!

 

今回のポイント

  • 洗顔剤はしっかり泡立てて、指ではなく泡で汚れを浮かして落とす!
  • タオルで顔をふく時もこすらず、そっとお肌にあてて吸い取るように!
  • 肌質に合わせた洗顔方法を選ぶのが重要!
  • クレンジングオイルは刺激が強いので、特に注意して使うべし!