お肌に悪影響?お肌を老けさせる活性酸素って何?

わたしの会社に、同じ年齢(アラフォー)なのに、すっごい肌がキレイな同僚がいるんです。

肌荒れしている顔なんて見たことないですし、キレイな美白でみんなの憧れです。

その彼女に特別なコスメを使っているのかとか、エステに通っているのかとか聞いてみたところ、特別なことは何もしていないと言っていました。

 

ただ、わたしたちと違うのは、

「ストレスをためない生活をしている」

「夜は10時になったらベッドに入っている」

ということです。

 

お肌に悪い成分はどんどん作られます!

お肌のターンオーバーのページなどでもお伝えしましたが、ストレス、睡眠不足、喫煙、食生活の偏りなどは、お肌の大敵です!

会社勤めをしていれば、ストレスはたまりまくりますし、仕事でうちに帰って早めにご飯を食べても、寝るのは日付が変わった頃になってしまいます。

 

わたしはタバコを吸いませんけど、お酒は大好きなので、週に2、3日は友達と飲みに行って、ガッツリ食べます。

こうした生活がお肌に良くないとは分かっているんですけど・・・。

からだの中では、お肌にダメージを与える成分が次々と作られているんですよね~。

 

活性酸素はお肌に悪影響が?

その代表的なものは、今回、お話しする活性酸素です。

「生命活動に必要な酸素が、なんで肌トラブルを招くの?」

なんて思った方も多いでしょうが、鉄なんかは酸素と触れ続けると錆びちゃいますよね?

これと一緒のことが、体内でも起こっているんですよ!

 

活性酸素はどうして増える?

わたしたちって、1日あたり500リットル以上もの酸素を吸っていますが、そのうち、2%ぐらいが活性酸素に変わってしまいます。

活性酸素には、細菌などを殺す役目があるので、からだに必要な成分なんですけど、さきほど説明したような生活をしていると量が増えてゆき、からだの細胞をサビた状態にしてしまう、というワケなんです。

 

からだをサビさせるというのは、健康な細胞を傷つけてしまうということです。

お肌は弾力がなくなってたるみますし、血行が悪くなってくすみ、シミも取れにくくなってしまいます。

 

活性酸素は、紫外線や電磁波、化学物質などによっても増えますので、わたしたちは、一日中、サビやすい環境のなかで生活していることになるんです。

パソコンやスマートフォンなんかは、電磁波が出っぱなしですからね~。

なので、活性酸素が作られにくい状況を作ることが、キレイなお肌をキープしたり、肌荒れからの回復力を高めたりするのに、必要になってきます。

 

今すぐ、アンチエイジングスタート!

それともうひとつ、活性酸素は年をとると、どうしても増えてしまうものなので、抗酸化物質を積極的に摂ることも重要です!

代表的なのは、ポリフェノールです。

 

赤ワインや大豆、緑茶などに多く含まれていますので、さっそく今日からからだに多く取り入れてゆきましょう!

ほかにも、野菜、海草、菌類(キノコ)、種子(ゴマ)などにも抗酸化成分がたくさん含まれていますから、外食が多い方は特に、メニューに気を付けたり、自宅での食事の時に必ず一品、加えてくださいね。

 

この中でも、ゴマなんかは即効性があって、すぐに活性酸素の減少につながるんだそうですよ!

おススメなのは、すりごまです。

肌荒れが起きると、コスメや薬などでケアしたくなってしまいますが、普段から活性酸素が発生しないように、抗酸化成分が多い食べ物をたくさん食べることを心掛けて、からだの内側からもお肌の美を作ってゆきましょう。

 

 今回のポイント

  • 生活習慣、食生活の見直しで、活性酸素を減らして美肌ゲット!
  • 夜は早めに就寝し、良質な睡眠でお肌のターンオーバーを促す!
  • 活性酸素の増加=老化と認識して、今すぐアンチエージングをスタート!
  • 抗酸化物質を多く含む食べ物を、毎日たくさん食べる!