ホルモンバランスは美肌のカギ!

どんなにお肌に気を使って生活していている方でも、お肌の調子はいつも同じではありません。

正しいスキンケアをしていても、毛穴が目立ってしまったり、急に皮脂の量が増えたり・・・。

こうした肌トラブルの原因は、ホルモンバランスの乱れにあるかもしれません。

 

生活の乱れがホルモンバランスを狂わせる

ホルモンという言葉は一般的ですが、わたしたちはその実態についてよく分かっていません。

そこで今回は、お肌と密接な関係にあるホルモンについて学んで、上手な対処方法を身に付けましょう!

 

まずは、ご存知の方もいるかもしれませんが、女性ホルモンについておさらいしておきましょう!

女性のからだは生理周期に合わせて、エストロゲンとプロゲステロンという2種類のホルモンが繰り返し分泌されています。

エストロゲンは、生理が終わるころから排卵期までに多く分泌され、もうひとつのプロゲステロンは、排卵期から次の生理が始まるころまでに分泌されます。

 

2つのホルモンの量や分泌される時期が一定だったら、お肌だけでなく、からだや精神のバランスも健康な状態がキープされますが、いったん乱れてしまうと、さまざまな症状が現れます。

シミ、しわ、湿疹、毛穴の黒ずみ、乾燥肌などなど・・・。

 

原因として挙げられるのは、次の通りです。

  • 不規則な生活や睡眠不足
  • 過度なストレス
  • 無理なダイエットや運動不足
  • 栄養バランスの悪い食事
  • 加齢
  • からだの冷え

 

みなさんに当てはまっている項目はありませんか?

 

エストロゲンと同じ働きをする食べ物は?

ホルモンバランスを正常に戻すには、生活習慣を改善する必要があります。

早寝早起きを心掛けて、ストレスがたまったら適度な運動をして、すぐに発散しましょう!

食事は脂っこいものは極力避けて、メインは肉ではなくお魚に!

そして、野菜や果物、海草などを多くとることが大切です。

 

ホルモンバランスを整えてくれる食べ物も、毎日のメニューに加えるといいですよ。

代表的な食べ物は、大豆が使われている味噌や豆腐、納豆です。

 

大豆に含まれているイソフラボンという成分は、エストロゲンと同じようなはたらきをしてくれるんですよ!

また、アボカドには、エストロゲンの分泌を活発にしてくれる効果がありますし、新陳代謝も促してくれるため、お肌のターンオーバーの正常に保ち、美肌をキープしてくれます。

 

エストロゲンは、お肌のハリをキープする「美肌ホルモン」とも呼ばれています。

でも、20代中頃を過ぎると、その量が減少してきますから、食べ物から積極的に補う習慣を身に付けてくださいね!

 

冷え性はこうして改善!

からだの慢性的な冷えは、代謝機能が落ちていることや、自律神経のはたらきが弱っていることが原因と考えられます。

この状態を改善するのにおススメなのは、

 

「朝起きたらすぐに、1杯の白湯(沸騰させたお湯をぬるめに冷ましたもの)を飲む」

という習慣です。

胃腸の動きが活発になって代謝が上がり、体温も上がってゆきます。

 

冷たい飲み物や甘い飲み物は、逆に、体温を下げてしまいますから、こちらは控えるようにしてくださいね。

自律神経を整えるには、睡眠の質を高めることが重要です。

日中は交感神経が、そして、夜は副交感神経の動きが活発になりますが、自律神経が乱れていると2つの神経の切り替えがうまくできません。

 

夜でも交感神経が活発にはたらき、興奮した状態になってしまいます。

そのため、睡眠の質が低下して、いつもイライラした状態になったり、不安が強い状態が続いたりしてしまうんです。

 

こんな症状で悩んでいる方は、

  • 朝起きたら、太陽の光を浴びる
  • 外出をして、外の空気を吸う
  • 毎日、適度な運動をする
  • 体温より少し高めのお風呂に入る(半身浴も効果的!)
  • 照明はなるべく間接照明を使う
  • 寝る前にパソコンやスマホの画面を見ない

 

といったことを実践してみてください!

次第に眠りが深くなって心が平静を取り戻し、ホルモンバランスの乱れもきっとよくなりますよ!

 

今回のポイント

  • 2つの女性ホルモンのうち、エストロゲンは美肌を作る!
  • ホルモンバランスの乱れは、女性なら誰でも起こる可能性が!
  • まずは、生活習慣の見直しを!
  • 食べ物の力を借りて、不足したホルモンを補う習慣を!