今こそ見直そう!コスメに含まれる化学物質との付き合い方

わたしたちの生活は、化学物質であふれています。

食品の添加物、化学繊維でできた下着や洋服、シャンプーやリンス、コンディショナーなど。

もちろん、コスメにも含まれています。

 

敏感肌やアトピー性皮膚炎の原因になる化学物質

あらゆるものに使われているので、化学物質なしでは生活できないと言っても過言ではないでしょう。

その一方で、これらが原因となって肌荒れに悩んでいる方も増えているのも事実です。

 

その例が、敏感肌やアトピー性皮膚炎です。

今は通常肌であっても、急にこうした症状に悩まされる可能性も!

 

大切なお肌を守るには、化学物質との付き合い方を知ることが大切です。

そこで今回は、スキンケアと食生活の場面を考えながら、リスクやお肌へのダメージを少なくする方法を考えてみましょう!

 

コスメにも含まれている化学物質

まずは、コスメに含まれている化学物質のお話しです。

お肌の汚れを落とす洗顔料には、界面活性剤という、汚れを浮かび上がらせて落とす成分が含まれています。

 

界面活性剤には水分と油分を混ぜるはたらきがあるため、乳液やクリームなどにも使われています。

問題なのは、洗浄剤が使われている界面活性剤、つまり、洗顔料なんです。

では、なぜお肌をきれいにするための洗顔料に、肌によくない成分が使われているのでしょうか?

 

洗浄剤はしっかりすすぎ落とすことが大切!

わたしたちは

「汚れはしっかり落とそう!」

という気持ちがいつもはたらきますよね?

こうした心理に合わせて、洗浄力が高いコスメがたくさん販売されています。

 

でも、洗浄剤でお肌を刺激したら、水分や必要な皮脂まで落ちてしまいます。

刺激を継続的に受けたお肌は、通常肌から敏感肌に変わってしまうことも!

 

とは言っても、洗顔料なしで生活するワケにはいきません。

大事なのは、

「使い方をきちんと知ること」

そして、

「自分に合ったアイテムを使うこと」

この2つです。

 

洗顔をするときは、長々とお肌を洗うのではなく手短に!

そして、すすぎは丁寧に、泡の洗い落としには注意しましょう!

 

すすいだ後にお肌のツッパリを感じたり、しばらくしたら脂が浮いてきたりしたら、お肌に合っていない証拠です。

ちなみに、人工的に作られた「合成界面活性剤」は、お肌への刺激がさらに強くなりますので、インターネットを利用して、自分が使っている洗顔料の成分をチェックしてみてください!

 

同じことは、シャンプーや洗濯用洗剤にも当てはまります。

シャンプーもしっかりとすすぎましょう!

わたしの友達で、お風呂に入ったときに洗顔とシャンプーを一緒にしている人がいたんですが、これは絶対に禁止です!

 

お肌に刺激が与えられ続けているだけでなく、水分や皮脂も奪われています。

洗濯用洗剤もよくすすがないと、お肌に身に付けたときに肌荒れを引き起こす可能性がありますから、注意が必要ですよ。

 

食品添加物が引き起こす肌荒れとは?

最近は、無添加食品やオーガニック食品が増えてきましたが、食品添加物を一切とらないという生活は、ほぼ無理というほど、あらゆる食品に含まれています。

酸化防止剤、着色料、香料、乳化剤、漂白剤、酸味料、調味料・・・。

キリがないですね(苦笑)。

 

こうした化学物質が体内に入ると、からだをサビつかせる「活性酸素」が大量に発生し、皮脂を酸化させて毛穴詰まりが起こったり、お肌のターンオーバーが狂ったりします。

食品添加物も、やはりうまく付き合ってゆくしかありません。

「外食をするときは、なるべく食品添加物のないものを!」

「なるべく自炊をして、お肌によい食べ物を食べる!」

という意識を持ち続けるだけで摂取量は減るハズですよ。

 

今回のポイント

  • 洗顔料やシャンプーのすすぎは丁寧に!
  • 肌に合わないと思ったコスメは、使うのをすぐにやめる!
  • 食品添加物を避ける意識を強く持って、外食ではなく自炊を心掛ける!