効果的な保湿、あなたはできていますか?

女性なら誰も、一年中、お肌の保湿にこだわっていますよね!

お肌が水分不足の状態になるとかさつきますし、いろんな肌トラブルを招いてしまいます。

でも、正しい保湿ができていなくって、そのことが原因で乾燥肌を招いていることもあるんですって!

 

その保湿の仕方、間違っているかも!

今回は、化粧水の役割や正しい使い方などを、みなさんにお伝えしてゆこうと思っています。

実は、わたしも間違った保湿で何年もスキンケアをしてきたことに気が付き、慌ててお手入れ方法を変えたんです(笑)。

すると、ビックリするぐらいお肌が元気になったので、みなさんにも、ぜひ、参考にしてもらいたいと思っています!

 

保湿というのは、お肌に水分を与えるということなんですが、もう少し正しく言いますと、

「水分が適度な皮脂と混ざって乾燥せず、お肌にキープされている状態を保つこと」

です。

 

保湿成分が含まれた化粧水を使えば、お肌の保湿に役立ちますけど、お肌に塗るときの方法を間違えたら逆効果になってしまいます。

化粧水の成分のほとんどは水ですから、すぐに蒸発してしまいます。

ですから、容器から出したらすぐにお肌に塗るのが基本ですが、中にはたっぷり時間をかけて、コットンでパッティングをしている方もいますよね?

このやり方だったら、化粧水は体温の影響で、またたく間に蒸発してしまいますし、そのときに、すでにお肌に含まれている水分まで奪っていってしまうんです。

 

保湿が逆に、乾燥を招いてしまうなんて・・・。

わたしは、この方法で何年も保湿していたので、ずっと乾燥肌が改善していなかったんだと気が付きました!

 

油分を使わないと保湿は無意味

もうひとつ重要なことは、化粧水の蒸発を防ぐために乳液やクリームといった、油分を含んだコスメが必要だということです。

お肌に浸透させた水分を、これらのアイテムでふたをするというワケです。

ふたをしなければ、どんなに化粧水を使っても保湿はできませんし、乳液やクリームだけ使うというのも無意味なんですよ~。

 

夜のお肌のお手入れでは、乳液やクリームを使うのを嫌がる方も多いですが、お肌の仕組みを知ったら、使わないわけにはいかなくなりますね!

「手間がかかるのがイヤ!」

という方でしたら、最近はやりのオールインワンゲルを使うのもおススメです。

 

1つのアイテムで保湿と水分の閉じ込めができちゃいますから、時短アイテムとしてピッタリですよ!!

忙しい朝なんかは、超便利!

 

加湿器の使い方にも注意が必要!

冬になると乾燥がひどくなるので、自宅やオフィスで加湿器を使っている方も多いことでしょう。

この時に注意したいのが、加湿器から出る蒸気が、直接お肌に当たらないようにすることです。

化粧水を塗るときと同じように、お肌についた水分は蒸発するときに、必要な水分まで奪ってしまいますから、距離を離して使ってくださいね!

 

ほかにも保湿のために気を付けていただきたいポイントはいくつもあるのですが、最後にもうひとつ、保湿のための洗顔についてお伝えします。

乾燥肌の方は特に、洗顔の時にお肌の皮脂を落としすぎないよう、ぬるま湯か水を使いましょう。

また、洗顔の時間はなるべく短くして、泡を洗い流し終わったら

 

「すぐに保湿&乳液やクリームでふたをする」

ということを心掛けてくださいね!

正しい保湿を行えば、お肌はきっとこたえてくれますよ!

 

今回のポイント

  • 化粧水を使うだけでは、保湿はできない!
  • 必ず、化粧水のふたの役目をする乳液やクリームなどと一緒に使う!
  • 化粧水を塗っている瞬間にも、お肌の水分は奪われてゆくので、とにかく素早くお肌に浸透させる!コットンは使わず!
  • 肌水分が奪われる洗顔は、丁寧に行いながらも短時間で!なるべく、水やぬるま湯を使う!