ターンオーバーの仕組みを知っていますか?

ムダ毛のないツルスベ肌は、脱毛だけでは実現しません。

シミやシワ、湿疹などの肌荒れがない状態であってこそ、ツルスベ肌は映えるというもんです。

そのためにも、お肌の細胞が生まれ変わる仕組みや、肌トラブルの原因などを理解して、理想的な美肌を今日から目指しましょう!

 

仕組みを知ればお肌がよみがえる

まず、言葉の意味について、分かりやすく説明します。

ターンオーバーとは、お肌の一番上の部分にある「表皮」が、28日サイクルで生まれ変わっていることを言います。

 

表皮細胞は毎日作られて角質となってゆき、紫外線や外部からの刺激、化学物質やほこりなどをガードして、体内への侵入を防いでくれます。

やがて、古くなった角質はアカとなって皮膚からはがれ落ち、再び、新しい表皮が作られます。

 

ターンオーバーが正常であれば、湿疹はできにくいですし、お肌はいつもツヤがあってみずみずしく、弾力性を保った状態になっています。

ところが、デリケートなお肌はターンオーバーの周期を崩しやすく、それが原因となって、さまざまな肌トラブルを引き起こすんです。

 

老廃物が肌に付着した状態に!

日焼けなどでメラニン色素が発生しても、ターンオーバーが正常だったら、古い角質とともにはがれ落ちてゆきますが、これが乱れるといつまでもお肌にとどまってしまいます。

また、古い角質は肌にごわつきやくすみを与え、バリア機能を低下させてしまうことから、通常の洗顔でも老廃物を洗い流すことができず、大人ニキビや湿疹、シミなどを作り出してしまうこともあるんですよ。

 

ターンオーバーが乱れる理由としては、いろいろなケースが挙げられるのですが、まずは「加齢」です。

年齢を重ねるとともに、わたしたちのからだの新陳代謝は衰えてゆきますから、細胞の生まれ変わりがうまくいかなくなることもあります。

さらに、お肌はとっても正直ですから、不規則な生活をしていれば、その結果はすぐにターンオーバーの乱れとして表れます。

 

何かとストレスがたまる毎日ですけど、毎日適度な運動をしてストレス発散をし、睡眠時間はたっぷりとる。

そして、喫煙は避けて、ビタミンA、C、Eが多く含まれた食べ物を多く摂り、体の内側からお肌の健康に働きかけてゆく必要があります。

また、紫外線のダメージも大きいので、外出するときは日傘、帽子、長そでのシャツでお肌をガードすることも大切です。

こんなに制限が多い生活を続けていたら、それがかえってストレスに感じてしまいそう、なんて思っちゃいますが、そこは美肌になるために努力です(笑)!

 

コスメも味方につけましょう!

生活改善をしてもターンオーバーが正常に戻ったと感じない場合は、角質をケアするコスメや、肌の代謝をアップさせるコスメを利用するのもひとつの手です。

こういったコスメを使うときも、「洗顔方法を変えるだけで、美肌になれる!?」のページで説明した内容を思い出してください!

 

角質を落とそうと強い力でこすると、さらに角質が厚くなってしまう可能性があります。

洗顔の時のように、やさしい力で角質ケアを行ってくださいね!

 

また、徹底的に保湿をすることも、ターンオーバーの正常化にとっても大切です。

肌水分が低下していると、角質ははがれにくくなりますからね!

保湿のための化粧水は、刺激が多くなるコットンよりも、手に取ってやさしくお肌に浸透させてゆくやり方のほうが、おススメです!

少しでも浸透させるために、洗顔後、すぐに保湿することをお忘れなく!!

 

今回のポイント

  • お肌のターンオーバーは28日周期。早まっても、遅くなっても、お肌に悪影響が出る!
  • ターンオーバーの正常化には、規則正しい生活が一番効果的!
  • 角質ケアコスメと保湿剤をうまく使って、いつも健康的なお肌に!
  • 加齢もターンオーバーの乱れにつながるので、積極的にアンチエイジングを!