お肌のくすみは脱毛で解決できるかも!

鏡に映る自分の顔を見て、なんかくすみが気になって、気分がブルーになることって多いですよね?

でも、みなさん! そもそも、くすみって何か、ご存知ですか?

カンタンに説明しちゃいますと、くすみとはお肌の赤みが減って黄みが増えたり、肌つや、透明感などがなくなったりして、顔全体が暗く見える状態のことなんです。

 

なんとムダ毛がくすみの原因に?

くすみが起こる原因はさまざまですが、そのひとつに顔の産毛が挙げられます。

顔を触ってみると分かると思いますが、お肌には細い毛がたくさん生えています。

この毛は、一見、無色のように見えますが、ほかのムダ毛のようにメラニン色素が含まれていて、それが原因となって顔がくすんで見えるんです。

特に、ほほ骨の上のあたりや鼻の下、口の下などは毛の量が多くなっているので、くすみが強く出ている方もいますね。

 

でも、脱毛サロンで脱毛してしまえば、くすみとはオサラバできます!

ちなみに、顔の産毛は細すぎるので、クリニックのレーザー脱毛だと、かなり痛いらしいです・・・。

その点、サロンだったら時間はかかりますが、痛みは少ないですし、施術料金も安いので、クリニックよりおススメですよ!

 

ほかにもあるくすみの原因とは?

どうせですから、このページを見た機会に、くすみのことを徹底的に知っておきましょう!

年齢を重ねるとともに気になる肌トラブルですから、若い方も必見です!

 

産毛の黒さの正体はメラニン色素と説明しましたが、これは紫外線のダメージを受けたお肌にもできます。

日焼けをするとお肌が黒くなることからも分かるように、メラニン色素はすぐに作られます。

でも、お肌の細胞は常に生まれ変わって、古い細胞は剥がれ落ちてゆくので、メラニン色素も一緒になくなります。

このような肌細胞のサイクルを「ターンオーバー」と言います。

 

ところが!

ストレス、睡眠不足、食生活の偏り、喫煙といった生活の乱れが続くと、ターンオーバーの周期が乱れて、古い角質やメラニン色素がお肌に残ってしまうんです。

この状態でも、お肌は明らかにくすんで見えてしまうんですよ!

お肌にシミが残れば、さらにくすみが濃くなってしまい、ファンデーションの厚塗りが必要になってくるんです・・・。

 

こうした肌トラブルを防ぐためにも、肌細胞が生まれ変わる時間帯(夜の10時から2時)は、なるべく睡眠時間にあてましょう!

また、ビタミンCを多く含んだ果物や生野菜を積極的に食べることも大切です。

 

毛穴の汚れも忘れてはいけません!

毛穴には空気中のホコリ、化学物質、余分な皮脂などが詰まりやすく、そのままにしておくと酸化して黒くなります。

正しい方法で洗顔をすることが、一番のくすみ防止対策になりますが、こちらの場合も産毛を脱毛することで毛穴が閉まるので、汚れが詰まることが少なくなりますよ!

 

泡立ちの良い石鹸を使って、泡で毛穴をこするようにして洗顔すれば、キレイな毛穴がキープできるハズですよ!

肌が丈夫な方でしたら、スクラブ入りの洗顔料を使うのも有効的ですね!

 

顔色が悪くなる原因は?

具合が悪いワケではないのに、いつも顔色が悪い人っていますよね?

そんな方は、血行不良の状態になっていて、常にくすんだ顔になっています。

くすみをなくすには、からだを温めるのが一番なので、冷たいものを食べたリ飲んだりするのを控えて、生活に適度な運動を取り入れましょう!

 

エネルギーを効率的に働かせる「代謝」がアップすれば、顔色はもとに戻ってくるハズですよ。

フェイスマッサージなどは気軽にできて、即効性があるので、ぜひ、実践してみてくださいね!

 

今回のポイント

  • 顔の産毛がなくなれば、顔色がよく見える!
  • お肌のターンオーバーを正常化してくすみが出ないように、規則正しい生活にする!
  • 顔色が悪い方は、積極的に血行改善!