たるみ毛穴を改善する!すぐにできるケア方法とは?

原因はお肌の奥深くに!

年齢を重ねると、さまざまなお肌の悩みが出てきますが、特に、ほほに目立ってくるのが「毛穴のたるみ」です。

老廃物などが「毛穴に詰まった状態」や、皮脂が過剰に分泌されて「毛穴が開いた状態」とは異なり、毛穴が広がったまま元に戻らないのが困りものです。

30代を過ぎたころから出てくるこの肌トラブル、メイクで隠すのもいいですが、根本的な原因をしっかりと理解して、正しいスキンケアで改善しちゃいましょう!

 

まずは、たるみ毛穴ができてしまうメカニズムのお話しから、

お肌は表面から表皮、真皮、皮下組織という3つの層になっています。

このうち、真皮にはお肌を支える役目があり、コラーゲンやエラスチン、そして、それらの間に存在するヒアルロン酸からなどから構成されています。

でも、これらの美容成分は、紫外線やストレス、栄養バランスが偏った食事、睡眠不足などが原因となって、すぐに量が減って毛穴を支えられなくなってしまいます。

そして、重力の影響で毛穴が下に流れて楕円形になり、たるんでしまうのです。

こんな症状が出ている方は、今すぐスキンケアを見直しましょう!

  • 指で毛穴を上方向に伸ばすと、毛穴が目立たなくなる
  • 毛穴が縦方向に開いている

症状改善に有効な成分はコレ!

「一度できてしまったたるみ毛穴は、一生治らない」

こんな考えを持っている方は、間違いです。

まずは、保湿ケアを徹底しましょう。

メイクをする前だけでなく、お風呂に入ったあとや、乾燥した場所から戻ったあとなどは、わたしたちの想像以上にお肌の水分は失われています。

化粧水でしっかりと水分補給をしたら、ビタミンC誘導体が配合された美容液でフタをするのが効果的です。

ビタミンCはコラーゲンの合成に不可欠な成分ですし、お肌の保湿力や美容成分を奪う活性酸素を減らしてくれます。

また、毛穴周辺の角質の状態も整えてくれますので、お肌の健康状態が戻ってきますよ。

最近注目されている成分としておススメなのが、「APPS」です。

ビタミンC誘導体の100倍も浸透力がある美容成分で、非常に高い機能性を持っています。

これによってコラーゲンの生成力がさらに高まり、たるみがより早く改善されますし、美白効果も期待できます。

ほかにも、細胞の再生力を強化して、お肌に弾力を生み出す「EGF」や、APPSと同じように抗酸化力が高い「フラーレン」といった成分も、たるみ毛穴の改善に役立ちます。

表情筋を鍛えることも必要

たるみに有効な成分の力を利用すると同時に、日常生活の改善にも力を入れましょう!

お肌の再生は睡眠中に行なわれますから、良質な睡眠をとることは、たるみ毛穴改善に重要です。

仕事や家事に忙しいと、睡眠時間を削ってしまいがちですが、寝る前は極力リラックスして、眠りが深くなるようにしてくださいね。

みなさんに実践して頂きたいのは、寝る1時間半ぐらい前に行なう半身浴です。

血行が良くなってデトックスにもなりますし、何よりも、からだが芯から温まります。

その後に就寝すると、体温が自然と下がって深い睡眠が得られるようになります。

ちなみに、夜の10~2時は、お肌のゴールデンタイムと言われていますが、肌細胞の再生が一番活発になるのは、眠りについてから3時間後だということが分かっています。

「睡眠をとりたいけど、10時には眠れない」

なんて焦っちゃうと、ストレスになってお肌に良くないですから、ベッドに入る時間はあまり気にしないようにしましょう。

また、お肌の筋肉を鍛えることも忘れないでください!

1つ、効果的な表情筋トレーニングの例を紹介しますね。

口を突き出すような感じにして「お」の形にして、口を下げながら頬を上げるようにします。

これを15~20回ぐらい繰り返してください。

毎日行なっていると、たったこれだけで頬の筋肉が鍛えられて引き締まってきますよ。