化粧品には3種類ある!美肌を目指す人が抑えたいポイント

医薬品は「病気の治療」が目的

わたしたちが化粧品と呼んでいるアイテムは、厳密に分けると3種類に分けられます。

それぞれ、効果、効能が違いますし、間違ったアイテムを使ってしまうと、美肌どころか肌トラブルを招く可能性もあるので、聞き慣れた言葉の意味を改めて確認してみましょう。

まずは、医薬品の話からです。

医薬品について

医薬品とは、読んで字のごとく、病気による症状を緩和させたり、治癒させたりすることが目的で作られたもので、厚生労働省が効果や効能を認めています。

たとえば、顔の乾燥がひどくて粉をふくような症状が出ている方でしたら、保湿外用剤(尿素クリーム、ワセリン、ヘバリン類似物質など)が配合された医薬品が販売されています。

医薬品のメリットは、何といっても安心して使えるということですね。

すべての人に効果があるワケではありませんし、副作用のリスクもありますが、医学的な根拠がしっかりしているという点は大きいですね。

化粧品によるスキンケアでは対処できない、でも、まだ病院に行くほどの症状ではないというときに役立ちます。

ちなみに、ドラッグストアーなどでも目にすることが多くなった「OTC医薬品」とは、お医者さんが出す処方箋がなくても、ドラッグストアーなどで購入できる一般用の医薬品を指します。

一般用の医薬品を販売しているお店には、薬剤師か登録販売者が常にいて、お客さんからの相談に応じることが義務化されています。

どんな薬を買えばいいか迷うときは、遠慮なく、店員さんに声をかけてみましょう!

症状が悪化しそうなときは、医師の診察を勧めてくれることもありますから、とても助かりますよ!

からだへの作用が緩い医薬部外品

医薬品と化粧品の中間的な存在が、医薬部外品です。

厚生労働省が認めた有効成分が一定濃度含まれていて、治療や改善というよりも、症状の予防目的に作られています。

薬事法では、下記の4つに定義されています。

薬事法による規定

  1. 吐きけその他の不快感又は口臭若しくは体臭の防止
  2. あせも、ただれ等の防止
  3. 脱毛の防止、育毛又は除毛
  4. 人又は動物の保健のためにする、ねずみ、はえ、蚊、のみ等の駆除又は防止

また、商品も限定されていて、美肌関連ではクリーム、ベビーパウダー、薬用化粧品、薬用せっけんが該当します。

商品に「薬用」とついていたら、医薬部外品と判断してください。

医薬部外品は、成分や効果、効能をうたってもよいとされていますので、

「ニキビの発生を防ぐ」

「美白効果がある」

といった表示がパッケージなどに記載されています。

化粧品のチェックポイントとは?

薬事法では、健康状態を維持するためのものとされていて、医薬部外品より、さらにからだへの作用が緩いことが基本となります。

そのため、化粧品がうたってもよいとされている効果は限られていて、スキンケアの目的は清潔、乾燥対策、紫外線カットの3つしか表記できません。

化粧品は水に何かを加えただけでも、それと名乗って販売することができますので、粗悪品には注意してくださいね。

また、医薬部外品と化粧品は、含まれている成分をすべて、配合量が多い順番で表記することが義務付けられています。

ただし、配合量が1%以下のものに関しては、順不同で表記してもよいとされています。

化粧品を購入するときは、パッケージのキャッチコピーだけに目を奪われず、きちんと成分表記を確認して、疑問に思った点はすぐに店員さんに確認しましょう。

インターネットショッピングを利用する場合は、気になる成分をネットで検索することをおススメします。

全成分をチェックしていたら、時間がいくらあってもキリがありませんが、ネットの信頼できるようなサイトで、「化粧品に含まれる危ない成分」をチェックしておくだけでも、お肌の安全は守られると思いますよ!