化粧品の消費・賞味期限はある?高いほど効果があるの?

今回は化粧品に関するよくあるQ&Aを纏めてみました。

Q. 化粧品の消費・賞味期限はある?

しばらく使っていなかった化粧品を、最近また使いだしたのですが、その直後から肌トラブルが続出しています。

これは、化粧品のせいなんでしょうか?

A. ヒロミより

食べ物と同じように、化粧品にも消費期限があることをご存知でしたか?

化粧品などの品質を法律で定める薬事法では、「製造または輸入後適切な保存条件のもとで3年以内に性状及び品質が変化するおそれのある化粧品」については、消費期限を明記するように義務付けています。

ということは、未開封の状態であれば3年間、品質が変わらないということです。

ここで難しいのは、開封後にどれだけの期間で使い切るべきか、ということですね。

化粧品も食品と同じで、空気に触れると酸化して品質が変わるので、お肌をケアするどころか、逆に、ダメージを与えてしまうこともあります。

こうした状況を避けるために、化粧品には防腐剤が使われていますが、基本的には、各アイテムに表示されている使用ペースで使い切るようにするのがベストです。

また、アイテム別にも使い切る目安があるので、チェックしてください!

化粧水など、水分ベースのアイテム

雑菌が繁殖しやすくなりますので、1シーズンで使い切ってください。

保存するときは、容器のフタをしっかりしめて、液体が空気に触れないようにしてくださいね。

お肌に一番浸透させるアイテムですので、1年前のアイテムなどは、絶対に使わないようにしてください。

口紅やアイシャドウ

口紅、アイシャドウなどの消費期限は、2年を目安にしておきましょう。

ただし、マスカラは2~3カ月で使いきってください。

こちらも空気に触れたときに菌が繁殖して、目の病気をもたらします。

マニキュア

1~2年ぐらい使用できますが、乾燥してきたら新しいものに取り換えましょう。

爪の水分を奪ってしまう可能性があります。

Q. コスメは同じラインで使う方がいいの?

デパートのコスメ売り場で、化粧品はすべてラインで揃えたほうがきちんとスキンケアできるし、お肌も反応しやすくなると聞きました。

これは本当でしょうか?

A. ヒロミより

結論から言っちゃいますと、半分正解です。

大人ニキビでお悩みの方でしたら、洗顔料はもちろんのこと、化粧水や乳液なども薬用成分が配合されているアイテムを選ぶのが基本です。

こうしたケースでは、ラインで今あるニキビを抑えて、新しいニキビを発生しないようにはたらきかけることを考えて作られているので、とても有効的です。

スキンケアの基本的な考え方は、失われた分(水分や皮脂)はしっかりと補給するということですから、特徴を最大限に活かせるラインでアイテムをそろえるということには、それなりの意味があります。

ただ、正常肌の方であれば、それほど気にする必要がありません。

メーカーも販売店も、アイテムをまとめて売るためのセールストークとして、お肌が反応しやすくなるなどと言っているのは間違いないです。

コスパを考えながらも、自分に合った化粧水、乳液、美容液、クリームなどを選ぶのがベストですよ。

肌質が大事!

ポイントは、自分の肌質を知ることですね。

オイリー肌だと思っていても、実は、乾燥肌だったなんてことは多いですし、間違ったスキンケアが影響して、お肌にオイリー肌の部分と乾燥肌の部分が両方ある、「混合肌」になっていることもあるんですよ。

まずは、デパートなどでお肌の水分診断をしてもらって、どんなスキンケアが最適か知ることから始めてくださいね。

商品はすぐには買わないで、自分が今使っているアイテムと勧められたアイテムを、ネットなどで比較してみましょう。

Q. 高いコスメほど効果があるの?

某コスメ口コミサイトに、化粧品は高価なものほど効果が出やすいと書かれていたので、試しに買ってみたところ、肌にたくさん湿疹が出てきました。

そのアイテム(洗顔料)は、天然成分配合だったので、安心して買ってしまいました。

洗顔料って、何を基準に買えばいいのでしょうか?

A. ヒロミより

天然成分という言葉、わたしも結構ダマされちゃいます(笑)。

決して悪い成分ではないのですが、わたしたちはすべての天然成分がお肌によいと考えてしまいがちです。

でも、成分がお肌に合わなくて、アレルギー症状が出ることもたくさんあります。

大切なのは、化粧品の値段やブランドイメージではなく、自分のお肌に合うかどうかということなんです。

これが一番難しいことなんですが・・・。

たとえば、洗顔料でしたら、洗い上がりのさっぱり感を得るために、皮脂や汚れをしっかり落とすタイプのアイテムを使っていませんか?

もし、洗浄剤という成分が多く含まれている洗顔料でしたら、お肌のバリアの役目をする皮脂まで洗い落としてしまい、肌トラブルは進んでしまうんです。

また、化粧水でしっかり保湿しても、フタをして水分を閉じ込める乳液の機能が低かったら、乾燥肌になってしまうことも。

肌トラブルから現状を把握

美容に詳しい知人の意見では、面倒でも1つ1つアイテムを試してみて、自分に合う化粧品を見つけるしかないとのことでしたが、まずは、今、みなさんが抱えている肌トラブルを確認してみてください。

洗顔後、皮脂がしっかり落ちたのに、30分ぐらいするとオイリー肌になってしまう場合は、洗浄力が弱い洗顔料に変えてみるのも1つの手です。

カサつきがお悩みという方でしたら、ちょっと高いですけど、セラミド配合タイプもおススメです。

天然成分にはこだわりすぎず、保湿力が高くてお肌に適量の皮脂を残してくれることを基準にして選んでみてください。