デリケートゾーンのにおいや黒ずみ、乾燥ケア方法とVIO脱毛の重要性

においや黒ずみ、乾燥など、多くのみなさんが悩みを抱えているのがデリケートゾーン。

顔と違って、スキンケア方法があまり知られていないから、そのままにしているなんて方も!

そこで今回は、正しいケア方法をお伝えしながら、VIO脱毛の重要性も解説したいと思います。

これを知ったら、大好きな彼との“ベッドインのチャンス”も逃さずに済みますよ(笑)。

 

そのお悩み、解消するかも!

まずは、保湿ケアのお話しから。

デリケートゾーンは、ほかの部位より湿った状態になっていることが多いのですが、さまざまなことが原因となって、乾燥してしまうことがあります。

お肌が健康な方でも、生理前や出産後なんかは、乾燥しがちになるんですよ。

 

乾燥した状態が続いてしまうと、下着やヘアーのこすれによって、陰部が炎症を起こす可能性がありますし、雑菌による刺激も受けやすくなります。

また、ヘアーが多いと、トイレのときにトイレットペーパーでこする回数も増えて、雑菌が侵入しやすくなってしまいますね?

 

VIO脱毛をすることのメリットは、まず、この点にあります。

Iラインのヘアーを陰部に接触しないように脱毛すれば、こすれることは防げますし、トイレのときに付着した排泄物が内部に入ることも防げます。

 

「乾燥状態を改善するんだったら、保湿をすればいいのでは?」

と考える方も多いとことでしょう。

でも、通気性が悪い下着をはいて、その上からストッキング、そして洋服と何枚も重ねますから、デリケートゾーンはかなりムレやすくなります。

 

そのうえ、汗をかいたら湿度はMAX状態に・・・。

一般的には、毛深い人のほうが汗を多くかくので、この点からも、VIO脱毛はムレ防止にもなるというワケです。

 

では、保湿はどうすればいいかと言いますと、化粧水や美容液などは使わず、専用の石鹸で洗い、油分が含まれたクリームを使うのがベストです。

このときに注意したいのは、入浴の時にクリームをきちんと落とすことです。

洗い残しがあったら、雑菌が繁殖してしまいますからね!

お風呂からあがったら、また、クリームを塗りましょう。

 

お肌の健康が回復すれば、黒ずみも解消!

清潔な状態で保湿を続けていれば、お肌は再生力を取り戻し、黒ずみも次第に薄くなってゆきます。

ただし、刺激が強いボディソープなどで洗っている方は、お肌の健康を保つための菌を洗い流してしまう可能性がありますので、この点には要注意です。

 

もちろん、洗うときは皮膚や粘膜を傷つけないように、

「指の腹でなでるようにやさしく!」

ということを心掛けてください。

 

今現在、黒ずみが目立っていないという方でも、毎日、下着やヘアーによる摩擦は発生しているワケですから、気がついたら黒ずんでいたなんてことになっても、不思議ではありません。

そういった意味でも、VIO脱毛はデリケートゾーンケアに有効的だと言えるでしょう。

 

VIO脱毛でにおいもなくなる?

デリケートゾーンに雑菌が増えると、においが強くなります。

雑菌はおりもの、アカ、尿、汗などを栄養として繁殖しますから、これらがない状態を作ればにおいは次第におさまってゆきます。

こちらも、ていねいな洗浄、保湿を心掛け、ヘアーから尿などが侵入しないようにすればOKです。

 

もちろん、雑菌の繁殖以外にもにおいの原因は考えられますから、あまりにも気になるようでしたら、婦人科のドクターに診てもらうと安心できると思いますよ。

この記事を見て、すぐにでもVIO脱毛をしたいと思った方は、「VIO脱毛のメリット、デメリット」のページをチェックしてみてくださいね!

 

今回のポイント

  • デリケートゾーンにも保湿は必要!
  • 保湿がしっかりできていれば、黒ずみなどの肌トラブルは解消する!
  • においの原因のほとんどは、繁殖した雑菌にある!
  • 保湿、黒ずみ&におい解消のためにも、VIO脱毛はとても効果的!